看取り介護を通して家族再生をめざします

施設長ごあいさつ

安心して生活することが出来る環境を目指して

 

hamano5 高嶺福祉会ではこれまで、法人理念「家族再生」を中心として、「看取りケアの充実」・「在宅支援の充実」・「認知症ケアの充実」の3本の柱を立てて取り組んできました。
今年度は、グループ全体の理念として「あなたがいて、私がいる」と言う新たな理念の下で出発します。
この理念を通じて思うことは、私が福祉の道を志した時のことです。
誰かの役に立つ仕事をしたいという動機で始めた福祉の仕事でしたが、振り返ってみると役に立ちたいと思って支援していた方々から、もっと大きな力を頂いていた事に気づかされました。
人から必要とされている事が、人間にとって最も大きな生きる力に繋がるという事を福祉の仕事を通して知る事が出来ました。
この経験を全ての職員が共有して欲しい。そして、この仕事に対する誇りを持ってもらいたいと願っています。
開所当初、高校を卒業したばかりの職員も成長し今年は、介護福祉士を取得することのできる経験年数と実力を身に着けました。
より高いスキルを目指すさつまの里となるよう頑張る所存ですのでご支援賜りますようお願いいたします。

特別養護老人ホーム さつまの里 施設長 濱野直紀

PAGETOP
Copyright © 高嶺福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.