看取り介護を通して家族再生をめざします

看取り介護について

高嶺福祉会

1.当法人における看取り介護の考え方

人生の総まとめの時期である終末期をご本人の尊厳を最大限尊重し、入居の時から築きあげた信頼関係のなかで、個性ある穏やかな時間を過ごしていただけるよう支援いたします。また、今まで、ご本人が生きてきた関係性を大切にし、ご家族等が主体となって安らかな最期の時間をつくること、ご本人を看とったあとの人生がより充実したものとなるよう支援を行っております。

1.看取り介護は日常生活の延長線上にあると捉えた上で、日々の日常ケアの充実を図る。
2.その人らしい人生の最期を迎えられるよう、ご本人とご家族が残された時間をゆったりと過ごすための支援をする。
3.認知症で意思が伝えられない方、ご家族が遠方のために訪問してもらえない方、このほか様々な事情で施設において人生の幕を閉じようとされる方の充実した最期のためにも、できる限りの支援をする。
4.ご本人、ご家族と「死」の話題をはぐらかすことなく、共に残された時間を大切にする。
5.看取り介護計画は、ご本人ならびにご家族の意見や思いを含めて作ること。
6.時間経過や症状変化に伴い、ご本人、ご家族の思いが揺れ動いた場合にも、いつでも思いを伝えられるように、ご本人、ご家族とのコミュニケーションを怠らないようにする。また、「同意書」によりすでに意思が確定したものと考えないようにする。
7.予測されない状態の急変などがあった場合は、医療機関に搬送することがあることをご家族やご本人にも伝える。
8.ご家族が遠慮や気兼ねをしないで済むような配慮を行うとともに、職員もご家族ができるだけ関われるよう支援する。

高齢者の終末期の定義

慢性疾患と老化が進み、心身が衰弱した状態で、死が遠くないと判断される時期で、余命が1カ月以内と考えられる段階。

看取りへの移行判断

ご本人の医学的状況から看取りに移行するタイミングを判断する。医師は看取りの時期を判断し家族に説明する。職員はご家族とご本人の意向を重視した看取りの場所・方法などを丁寧に話し合って選定する。

2.看取り介護の事前の取組み

・看取り介護に対する家族の同意を得る。
・ご家族、職員が死のプロセスを理解しておく。
・ご本人、ご家族が最期の時間を共にゆったりと過ごす場を提供できるような環境整備を行う。
・看取り介護に関する内容について、以下のような職員研修(内部研修、外部研修、ケースカンファレンス、ユニットミーティング、各委員会など)を実施する。
・時間経過や症状変化に伴い、ご本人、ご家族の思いが揺れ動いた場合にも、いつでも思いを伝えられるように、入居者の担当を決めておく。また、当日担当が勤務をしていない場合も、ご希望が職員に周知できるように必ず記録する。
・病状の変化等に伴う緊急時の対応については、看護師が医師との連絡をとり判断する。夜間においては、夜間勤務職員が夜間緊急連絡体制にもとづき看護師と連絡をとって緊急対応を行うなどの連携構築。
・ご家族との24時間連絡体制を確保する。

3.看取り介護の実施

・ご家族が施設での看取りを希望された場合は、介護支援専門員は医師、看護職員、介護職員、栄養士等と協働して看取り介護計画を作成しご家族の同意を得る。
・随時カンファレンスを開催し、ご家族の意向に変化はないかどの様に看取りたいかなどの希望をお聞きして対応する。
・施設の全職員は、ご本人が充実した日々の先に安らかな死を迎える事ができるように、ご本人またはご家族の支えともなり得る身体的、精神的支援に努める。
・医師により死亡確認を終えたあと湯灌とエンゼルケアをさせていただき、玄関からお見送りをさせていただく。
mitori01ご縁があって、この野桑の里に入居された方の最期の時間を大切に支援していくことは勿論ですが、その大切な時間を共有させていただくなかで、多様な価値観や死生観を学び、これからを生きていく者として、少しでも成長することが、看取り介護に携わらせていただいた私たちの使命であると考えています。

施設へのご宿泊

「さつまの里」「野桑の里」では、ご希望があれば、ご本人のお部屋に宿泊も可能です。(部屋代1,000円、簡易ベッド代1,000円、朝食代400円、昼食代600円、夕食代600円)

PAGETOP
Copyright © 高嶺福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.